<動画>加藤三彦氏(西武文理大学監督/元能代工業高監督)が“コンビネーションの作り方”や“相手との差を付けるオフェンス”などを解説

加藤三彦氏(西武文理大学監督/元能代工業高監督)が“コンビネーションの作り方”や“相手との差を付けるオフェンス”などを細かく解説。「ウォーミングアップからショットクロックを意識した感性を研ぎ澄ますことが重要」と語る加藤氏のこだわりの練習法を紹介します。

  • スピード重視か正確性重視か
  • 時間の感覚を体で覚える
  • コンビネーションを作る練習法

加藤 三彦(かとうみつひこ)
★西武文理大学男子バスケットボール部監督/1962年5月5日生まれ/秋田件出身(能代工高→筑波大→秋田いすゞ/日本リーグ)
現役引退後、母校・能代工高の教員として、同バスケットボール部を指導。田臥勇太らを擁し9連覇を達成するなど、数々の全国優勝に導く。退任後は栃木ブレックス(現Bリーグ・宇都宮ブレックス)のヘッドコーチを務め、2010年より西武文理大学に着任。男子バスケットボール部の監督を務める

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログインしてください 
会員登録はこちらより 会員登録